スポーツジムは不倫が多い?不倫しやすい5つの原因と未然に防ぐ対処法

筋肉を鍛え、汗を流し、体を理想的な状態へ導いたり、自分の限界に挑戦したり、健康にとっては欠かせない場所であるジムですが、一部では浮気や不倫の出会いの場になりやすいと言われています。

そこで今回は、ジムは本当に不倫が多いのか、ジムで浮気や不倫が起こりやすい5つの原因と、不倫を未然に防ぐ対処法を紹介していきます。

健康的な肉体を保つため、いつまでも綺麗でいるため、どんな年代でも夫や妻からジムに通いたいと言われたら、否定しづらいものです。

だからこそ、ジムが不倫の温床になりやすい環境的要因をしっかり把握し、早めの対処法で大切な家庭やパートナーを守ってください。

ジムで不倫が多いというのは本当なの?

そもそも、ジムで不倫が多いというのは事実なのでしょうか?

離婚した男女の職業は、5年に1度の「人口動態統計職業・産業別調査」で、調査の対象となっており14種の職種に分類され、データとして蓄積されています。しかし、浮気や不倫の出会いの場所というものには、確かな統計データは存在せず、「ジムで不倫が多い」と言い切ることはできません。

そこで確かなデータとはいえないものの、日々の疑問や悩みを匿名で相談できるヤフー知恵袋で「ジム 不倫」と調べてみると、2020年10月現在で約670件もの相談や疑問が寄せられていました。

この数を他の習い事関連と比較してみると、

  • 「ゴルフ 不倫」が1167件
  • 「テニス 不倫」が307件
  • 「社交ダンス 不倫」が32件

と、圧倒的1位を誇るゴルフに次いで、ジムでの不倫は多くの人が関心を持っていました。

つまり「ジムでは不倫が起こりやすいのではないか?」という不安や疑問は、実態はわからないものの、多くの人の間で問題視されていることがわかります。

スポーツジムで不倫が多いと言われる5つの原因

それでは、なぜジムで不倫が発生しやすいと多くの人が感じてしまうのでしょうか?ここからは、ジム特有の環境が生み出す、不倫が発生しやすい5つの理由を探っていきましょう。

原因①:「シャワー」をごまかしやすい

ジムは不倫が多い・浮気に発展しやすいと言われる一番の理由は、不倫には欠かせない「シャワー」という難関を、簡単にクリアできてしまう点です。

想像してみてください、不倫を取り上げたドラマや小説で、パートナーが不倫に気づくのは、どんな時だったでしょうか?例えば、

  • ワイシャツに口紅がついていた
  • 自宅とは違うシャンプーの香りがした
  • 帰宅直後なのに、汗の匂いがなくシャワーを浴びているようだった

こういった、肉体関係とは切っても切れないシャワーという難問を、「ジムに行って汗をかいたから、シャワーを浴びてきた」という、合理的な理由でクリアすることができるのです。

またこういった経緯から、ジムを浮気相手との集合場所に使うツワモノも存在します。同じように不倫の出会いの場になりやすいとされるゴルフも、シャワー完備のところが多く、「シャワーを浴びる口実を作りやすい」という点が、不倫や浮気をするために重要なポイントだということが読み取れます。

原因②:同じ時間に同じ人と会うことが多い

人が誰かを好きになるには、一目ぼれや以前からの好意など様々な理由がありますが、好意を抱く一つの理由として「単純接触効果」というものがあります。

人は何度も何度も同じ人に会ったり、話したりしていると、始めは何の興味もなかった相手でも、会う回数(単純接触)を重ねるうちに、次第にその人に対して好意的な感情を抱くという心理効果です。

ジムでの運動は、生活サイクルの一部になっている人が多く、仕事や受講するレッスンの関係で、「火曜日はヨガのレッスンがあるから、火曜の仕事終わりに行こう」「金曜日は次の日は休みで、ゆっくり鍛えられるから金曜日に通おう」など、各々の事情でジム通いの日は自然と決まっていきます。

それは他の会員も同様なので、何度も何度も同じ人と同じ時間に会うという偶然が生まれやすいのです。

そして、見知らぬ会員同士が、何度も同じ日にトレーニングをし面識を重ねることで、最初は軽く挨拶を交わす程度だった仲が、次第に会話に発展し、好意が発生するという気持ちのステップアップがしやすい状況を生み出します。

原因③:目的が似ていて共感しやすい

野球好きなら甲子園の話で盛り上がったり、漫画好きなら最近のアニメ事情で盛り上がったり、自分の趣味と近い相手と話が合うという経験は、誰しも一度は体験したことがありますよね。

ジムに通うということは、「ダイエットしたい」「健康的になりたい」「筋肉をつけたい」と個々で目的に違いはあるものの、根幹である「体を鍛えたい」という点では共通した目的がある状態です。

このため「筋肉をつけるなら、このメニューがおすすめ」「あのトレーナー評判がいいよ」「この器具の使い方はこうやるんだよ」など、初対面や面識が少なくても、話題に困ることがなく自然と会話が弾みます。

そして同じ目的に対して、前向きに取り組んでいる姿は、仲間意識を育むだけでなく、自分も頑張ろうという活力や元気に繋がり、自然と恋心が芽生えてしまうのです。

原因④:理想の相手がそこにいるから

ジムでの不倫は会員同士の間だけで起こるものではありません。美人インストラクターと夫、イケメンインストラクターと妻といったジム関係者との不倫も存在します。

男女ともにジムに通っている会員にとって、インストラクターは理想の体を体現している憧れの存在だからこそ、仕事上の優しさと分かってはいても好意が芽生えてしまう人もいるのです。

またインストラクターも平均月収は、240万円~500万円と一般的な会社員と同程度なので、月額料金が高くプールやサウナなど複合設備の充実しているスポーツジムの中には、年収や社会的ステータスの高い会員が多く集まるクラブも存在します。

このため会員側としては理想的な肉体を持つ相手がおり、インストラクター側としては社会的地位・お金を兼ね備えた相手がいるという、不倫という点にさえ目を瞑れば、それぞれにとって魅力的な異性が集まりやすい場所なのです。

原因⑤:ジムの経営体系の変化や若い会員の増加

一昔前はジムに通うという人は、時間やお金に対して比較的余裕がある人という認識でしたが、都心を中心に全国で広がりを見せる低価格・24時間運営のスポーツジムの急成長で、ジムに通う時間的・値段的ハードルは年々下がっています。

こういった、手ごろで気軽に通えるジムがここ年々増えたことから、時間に余裕のあるシニア世代だけでなく、若い世代のジム会員が増加しました。

またこういった24時間営業のジムは、コスト削減のため夜は従業員不在でより人目につきにくく、どんな時間帯でも不倫の口実に使えるため、より不倫のしやすさは増しています。

スポーツジムでの不倫や浮気を見抜くサインとは?

それでは実際にどんな兆候が表れると、ジムでの不倫を疑うべきなのでしょうか?

  1. ジムに通う回数が急に増えた(初心者なら週4日以上)
  2. ジム利用時間の急な増加(初心者なら3時間以上)
  3. 通っている頻度に比べ、体の変化が乏しい

もともと健康や体形維持といった目的を持って通う場合は、急な行動の変化や不自然な滞在時間が一番の見極めポイントです。

また通う頻度は一般的でも、継続しているのに体形や体重に変化がほとんどみられない場合は、ジムで真剣にトレーニングしているのか?という点に疑問が生れます。

ただこれらのサインは匂い、帰宅時間の遅れといった、目につきやすい変化に比べると、見極めにくく小さな変化なので、気になる場合はノートやスマホで記録をつけ比較してみましょう。

またジム特有のサインだけでなく、妻の浮気のサインを知りたい場合は、合わせて以下の記事も参考にしてください。

妻の不倫を見破る20項目を紹介 妻の浮気や不倫が急増?浮気の兆候・妻の不倫を見破る20項目を紹介!

ちょっと待って!ジムでの不倫を疑う前に知っておきたいこと

ジムで浮気が起こりやすい5つの環境的要因やサインがわかったところで、ジムでの不倫を疑う前に、浮気と勘違いしやすいスポーツジムならではの3つの常識を把握しておきましょう。

①ジムのインストラクターは人気商売

ジムの中でも特に月額料金の高い、中級~高級にランク付けされるジムではインストラクターも人気商売であり、パーソナルトレーニングの指名や、ジムでの口コミのために、積極的に会員とコミュニケーションを取るものです。

ジムでの働き方は、一般社員と同じように給料ベースになっていたり、ジムと個人が契約して個人事業主としてヨガ・水泳など専門的なトレーニングを請け負うなど、色々な形がありますが「給料+インセンティブ(成果報酬)」を採用しているところが一般的です。

このため自分のレッスンに参加してもらったり、退会して他のジムに移籍されないために、スタッフやインストラクターがジム会員に好意的に接するのはごく自然なことです。

②一人で通いたがるのは当たり前

ジムでの不倫や浮気が心配だから、一緒に通いたいと話したら嫌な顔をされた…。という出来事から浮気や不倫を疑った場合は、少しだけ冷静になってみましょう。

実際にジムに行くとよくわかりますが、真剣にジムに通っている人ほど、一人で黙々とトレーニングを行っているものです。

ジムのトレーニングメニューは大勢でワイワイ取り組むより、一人で黙々と行うものが多く、真剣にジムで鍛えたい!痩せたい!と考えている人ほど、身近な人と一緒に通うことは、集中力を乱されて嫌だと感じてしまうものです。

③カッコいい・可愛いウェアを着たがる心理

ジムに一緒に通うことを嫌がることで疑念を深めるのと同様に、カッコいいウェアや可愛いウェアを着たがるということで、ジムで浮気しているじゃないか?と疑うのも少し早計といえます。

もしあなたが、最近太ったことが気になってジムに行くとしたら、人目があるにも関わらず、わざわざダサいウェアを着ていきますか?また夫や妻に、明らかに趣味に合わないウェアを渡されたら、どんな気持ちになるでしょうか?

ジムに行くということは本気度は違えど、「今の自分から変わりたい」「今の自分を高めたい」というポジティブな感情を持って挑むものです。このため、それを実感するために重要なアイテムであるウェアに対して、こだわりを見せることは、やましいことがなくてもごく自然な感情です。

スポーツジムでの不倫を未然に防ぐための3つの対処法

それでは出会いの機会が多く、不倫の言い訳もしやすいジムでの不倫が心配な場合、ジムに行かないでという以外で未然に防ぐ方法はないのでしょうか?

対処法①:最初から一緒に通うように提案してみよう

ジムでの出会いが心配な場合は、スポーツジムに通いたいと初めて提案された時に、「じゃあ自分も一緒に通ってみようかな?」と、自然に二人で通うことを提案してみましょう。

相手が通いだしてから、心配な行動が増えてしまった場合は、すでに不倫や浮気へと関係が発展している可能性が高まってしまうだけでなく、途中からいきなり一緒に行きたいと告げることは「不倫に気づかれたのではないか?」など相手を身構えさせることに繋がってしまいます。

一緒に汗を流したり、運動して体を鍛えることは、健康面だけでなく夫婦として共通の目的を持ち、仲を深めるきっかけにもなります。

最初からジムに対して不安な気持ちを持っているなら、始めの段階で一緒に通い、不安の種を取り除いてしまいましょう。

対処法②:ジムに通う日時や帰宅時間を決めておく

ジムでの不倫が心配な場合は、「保育園のお迎えはパパがする」「子どもとスキンシップを取るために、9時までに帰宅する」といった家庭内で帰宅時間や通う日のルールを決めておきましょう。

この時「あなたの不倫が心配だから、帰宅時間を決めたい」という真の意図が絶対に伝わらないように、あえて子供や家庭円満のためという名目でルールを決めるのがポイントです。

ジムでのトレーニングは長く多くやればいいというものではありません。ダイエットや筋トレといった、それぞれの目的に合わせて体を鍛えるなら、筋トレする場所を変えたり、インターバルを置いたりと、様々な工夫が必要となります。

初心者なら筋トレやダイエットのためなら週2~3回程度、1回につき1.5時間~2時間が理想的です

こういった正しいトレーニングの知識を持つことで回数や時間の異変に気づけるようにし、激しい束縛ではなく提案という形で、不倫に発展する隙を与えないようにしてみてください。

対処法③:位置確認アプリをお互いに入れてみる

もしお子さんがいる場合は、「Life360」など、防災のためのGPSアプリをお互いに入れることを提案してみるのも一つの方法です。

現在浮気調査などに役立つGPSアプリは、相手の許可さえ取ることができれば、無料で互いの位置情報を伝えてくれるものが数多くあります。

災害時にお互いの位置情報がわかっていることは、大きな防災対策につながるため、決して浮気や不倫を疑っていることは匂わせず、あくまで緊急時のためという体裁を整えて交渉を重ねてみてください。

またもしこの時、断固として入れることを拒否したり、なぜか入れることを渋る場合は、やましいことがあるのかもしれないという指針にもなります。

まとめ

ジムは浮気や不倫の出会いの場になりやすいとわかっていても、夫や妻の健康や体形維持のために、一概にやめて欲しいと言えないのが一番つらいところです。

ただそうして遠慮していたがために、ジムで不誠実なことが起こり、家庭が壊れてしまっては元も子もありません。

だからこそ、ジムで不倫や浮気が起こりやすい原因を正しく把握し、夫婦仲に亀裂が入ることなく、さりげなく未然にできる対処法を試し夫婦の絆と健康を守っていってください。